L.AKenta

L.A. Kenta

20190109

2017年に、7千万ドル(約76億6千万円。2018年6月の相場1ドル≒109円で計算)で落札されたと推定されているフェラーリ 250 GTO。自動車史上最も高価なこのクルマは自分には関係ないと思えるかもしれないが、ちょっと待ってほしい。2017年の日本におけるサラリーマンの平均年収はとある調査によると422万円。フェラーリGTOの推定落札価格に対し、1800年分の年収をつぎ込まなければ買えない計算で確かに非現実的だ。しかし1983年、フェラーリ 250 GTOは30万ドル(約6,900万円。当時の為替レート1ドル≒232円で計算)だった。当然、平均年収も低かったので(338万円)、それを考慮しても、年収の20倍強で買えたのだ。今の時代に置き換えれば、約9,000万円ほどとなり、都心の新築マンション購入をあきらめれば不可能な額ではないだろう。その意味で言えば最もGTOがお買い得だったのは1969年のクルーズ・インターナショナル・オークションで、2,500ドル(78.5万円。当時のレート1ドル≒314円で計算)で落札されている。当時の日本の平均年収は72万円だから、今の感覚で言えば450万円も出せば落札できたのだ(250 GTOは解釈の仕方次第で33~39台しか製造されていないから、金を出せば買えるというわけでもないが少なくとも落札に参加はできた)。
250 GTOは1960年代に製造されて以降、1983年に30万ドル(前出)、1985年に65万ドル、1990年に130万ドル、1993年に300万ドル、1998年に600万ドル、2004年に1060万ドル、2010年に2600万ドル、2013年に5200万ドル、と正に倍々ゲームで値上がりを続け、昨年いよいよ7000万ドルで落札された。今や年収1800年分を費やさなければ買えないフェラーリ 250 GTOも、月収13か月分で買える時代があったことを知れば、少しは親しみやすさも増すのではないだろうか。

【特集】AMG GT 63 S

20200817

ふむふむ、AMG GT 63 Sね。

 

出た時はその4枚ドアクーペって立ち位置から「CLS 63と何が違うの?」って思ったけど、全然違うね、すべてが、もう。

 

街で見て思ったもんね、「AMG GT 63、デカッ」って。

CLS 63と比べると、

全長 x 全幅 x 全高で

4995 x 1880 x 1410(CLS 63)

5054 x 1953 x 1447  (AMG GT 63 S)

 

だから全然違うね。

 

カッコはいわゆるパナメーラみたいな感じ、LS(レクサス)も現行はこんな感じだよね。

Bピラー以降の傾斜が激しいから、さすがにリアシートのヘッドスペースは広いとは言えないけど、ラピードよりかはマシかな、ラピード乗ったの昔だから覚えてないけど。

さっそく乗ってエンジンかけたら、結構な図太いサウンド。

ステアリングに付いてるリングをコチコチッと回すとレースモードも選べる。軽くレーシングかましたら『ズボボーン ッバリバリバリ〜ッ』ってマフラー変えたランボルギーニ みたいな音した、「これで純正なの!?」って思っちゃった(イイ意味で)。

走り出してしばらくしたら、もうこれが4枚ドアのクルマだってこと、忘れちゃってた。だってエンジン特性とかステアリングの感じとか、まんまスポーツカーみたいなんだもん、詳しいことはよくわかんないけど。調べてみたら、4枚ドアだとニュル最速なんだね、AMG GT 63Sって。そりゃ速いわけだわ。

はっきり言って、これまで乗ったクルマの中でもっともスポーティな一台。『もっともスポーティな4枚ドアの一台』じゃないよ、2枚ドアのクルマも含めて、だよ。それくらいスポーティ。

で、考えてみたんだけど、きっとその理由はAMG GT 63 Sって、『アリものの4枚ドアをパワフルに仕上げた』んじゃなくて、『イチからパワフルな4枚ドアを作った』んだよね、たぶん、よく知らないけど。

 

だからさ、S 63とかとは根本的に違う(んじゃないかなと思う)。

 

 

パワーだって639馬力だってさ。

 

0-100km/hの3.2秒ってGT3より速いんじゃないの?

 

 

思ったね、世界最強の4枚ドア車はAMG GT 63 Sだ、って。

 

S63だってそりゃイイけど、スポーティさで言えば全然AMG GT 63 Sよ。リアシートに大人が座らないならファミリーカーとしてもパーフェクト。これならポルシェから乗り換えても全然ガマンできるよ。

991 GT3あたりでブイブイ言わしてたけど、子供が出来たから降りよ、そんな人にもパーフェクトだね。これならマジ、スポーツカーいらずよ。

Close