Nori Tohyama

Nori Tohyama

20191226

 

F1史におけるひとつの奇跡。それがブラウンGPでしょうね。

 

2009年にたったの一年だけ参戦して、ドライバーズチャンピオンシップとコンストラクターチャンピオンシップのダブルタイトルを獲得。

 

スポンサーもロクについてない真っ白けっけの新参者が、年間数百億を投じて、何十年もやってる、フェラーリやらマクラーレンにあっけなく勝っちゃうのだから。

 

 

とはいえ、同時にこれはホンダにとっては黒歴史ともいえる過去で。

 

復帰後それまで苦戦してたホンダは、レギュレーションが大幅改訂になる2009年に照準を合わせて、2008年シーズンを捨ててまで2009年の新車開発にリソースを集中。

 

 

そうして完成したマシンはダブルディフューザーという画期的な武器を備え圧倒的なシャシー性能を披露(とある日本人デザイナーが思いついたそうですね)。

 

更には。2009年に解禁されたKERS(電気)を搭載しないという英断により、重いバッテリーも不要だし、故障の心配もないシンプルなマシンになったのも大きかった(ここに関しては急激な体制変更のせいで搭載できなかったっていうのが正しい表現だけど)。

 

結果として、新時代のF1マシン開発に四苦八苦するライバルたちをうまく出し抜いたのでした。

 

ところが。

 

 

2008年末。世界的経済不況を理由にホンダがまさかのF1撤退。

 

そこで当時ホンダチームを率いていたロス・ブラウンがたった1ポンドでチームを買収し(さらにホンダは100億円に近い手切金もチームに払ったそうな)、ブラウンGPとして急遽参戦することに。

 

突然の応急処置でメルセデスエンジンを搭載したブラウンGPは、突貫工事マシンながらも圧倒的なスピードを披露してシーズン序盤を席巻。

 

結果的には2009年にダブルタイトルを獲得したのでした。

 

もしも。あのままホンダが参戦を続けて、本来の「ホンダマシン」で戦っていたのならどれだけの結果をもたらしたことか?

 

当然。その結果は誰も分からないけど、レース屋ホンダにとっては「あちゃー」感漂うクールでない去り際になってしまったのは確かではありました。

 

ちなみに。

 

そんなブラウンGPはたった一年参戦しただけで、メルセデスにチームを売却。今日のメルセデスAMGへと繋がっていたりします。

 

このドタバタで、やっぱり注目すべきはロス・ブラウンという天才指揮官の立ち回りですね。

 

 

F1チームを1ポンドで買い取り、突貫ながらも勝てるチームをまとめあげ、ダブルタイトルをかっさらい、そして翌年には約200億円ともいわれる価格でメルセデスに売却。

 

あのシューマッハ帝国を作り上げ、今はF1オーガナイザーの重役も務めるこの天才のハナシはまたいつか改めて。。。

【特集】AMG GT 63 S

20200817

ふむふむ、AMG GT 63 Sね。

 

出た時はその4枚ドアクーペって立ち位置から「CLS 63と何が違うの?」って思ったけど、全然違うね、すべてが、もう。

 

街で見て思ったもんね、「AMG GT 63、デカッ」って。

CLS 63と比べると、

全長 x 全幅 x 全高で

4995 x 1880 x 1410(CLS 63)

5054 x 1953 x 1447  (AMG GT 63 S)

 

だから全然違うね。

 

カッコはいわゆるパナメーラみたいな感じ、LS(レクサス)も現行はこんな感じだよね。

Bピラー以降の傾斜が激しいから、さすがにリアシートのヘッドスペースは広いとは言えないけど、ラピードよりかはマシかな、ラピード乗ったの昔だから覚えてないけど。

さっそく乗ってエンジンかけたら、結構な図太いサウンド。

ステアリングに付いてるリングをコチコチッと回すとレースモードも選べる。軽くレーシングかましたら『ズボボーン ッバリバリバリ〜ッ』ってマフラー変えたランボルギーニ みたいな音した、「これで純正なの!?」って思っちゃった(イイ意味で)。

走り出してしばらくしたら、もうこれが4枚ドアのクルマだってこと、忘れちゃってた。だってエンジン特性とかステアリングの感じとか、まんまスポーツカーみたいなんだもん、詳しいことはよくわかんないけど。調べてみたら、4枚ドアだとニュル最速なんだね、AMG GT 63Sって。そりゃ速いわけだわ。

はっきり言って、これまで乗ったクルマの中でもっともスポーティな一台。『もっともスポーティな4枚ドアの一台』じゃないよ、2枚ドアのクルマも含めて、だよ。それくらいスポーティ。

で、考えてみたんだけど、きっとその理由はAMG GT 63 Sって、『アリものの4枚ドアをパワフルに仕上げた』んじゃなくて、『イチからパワフルな4枚ドアを作った』んだよね、たぶん、よく知らないけど。

 

だからさ、S 63とかとは根本的に違う(んじゃないかなと思う)。

 

 

パワーだって639馬力だってさ。

 

0-100km/hの3.2秒ってGT3より速いんじゃないの?

 

 

思ったね、世界最強の4枚ドア車はAMG GT 63 Sだ、って。

 

S63だってそりゃイイけど、スポーティさで言えば全然AMG GT 63 Sよ。リアシートに大人が座らないならファミリーカーとしてもパーフェクト。これならポルシェから乗り換えても全然ガマンできるよ。

991 GT3あたりでブイブイ言わしてたけど、子供が出来たから降りよ、そんな人にもパーフェクトだね。これならマジ、スポーツカーいらずよ。

Close