Nori Tohyama

Nori Tohyama

20200606

 

ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの関係性って面白い。

 

カート時代から一緒に走っていて「いつかF1でチームメイトになれたらいいね!」なんて語っていたくらいの仲で。

 

そして実際に最強メルセデスAMGでチームメイトになったふたり。

 

 

レースでぶつけあうは、政治力で戦うはの、結構冷めた関係に。最強チームでお互いが勝てるポテンシャルを持てば「仲良くやれる」なんていうのは幻想に近く。

 

 

結局、ルイスが圧倒的な速さを見せるものの、2016年にはロズベルグが宿敵ルイス・ハミルトンを倒しついにワールドチャンピオンに。

 

当時、メルセデスAMGも明らかにドイツ人ドライバーのロズベルグに傾き始めているように見えたし、ここからロズベルグ政権始まるか?と思わせておきながら、王座獲得した1週間後に契約破棄して突然の引退宣言。

 

一度チャンピオンを取ればもう未練はなし。

 

過酷な勝負の世界に身をおくなら自分の生活を楽しみたい。

 

そういって、さらりとレースの世界を離れてしまうのはいかにも育ちのいいロズベルグな感じ(お父さんもF1ドライバー、モナコ育ち、本人5ヶ国語しゃべれる)。何度王者になろうともひたすらに勝利を目指し続ける飢えたハミルトンとはとても対照的。

 

ちなみに、レースを去った今も、二人の仲はあまり良くないというのは有名なハナシ。

 

 

しかし。

 

2016年、あの最強ハミルトンを同じマシンで倒したニコ・ロズベルグは、今にして思うと本当にとんでもなかった。

 

もしもロズベルグがレースを続けていたのなら。現代勢力図は少し異なっていたものになったのかもしれません。

 

【特集】AMG GT 63 S

20200817

ふむふむ、AMG GT 63 Sね。

 

出た時はその4枚ドアクーペって立ち位置から「CLS 63と何が違うの?」って思ったけど、全然違うね、すべてが、もう。

 

街で見て思ったもんね、「AMG GT 63、デカッ」って。

CLS 63と比べると、

全長 x 全幅 x 全高で

4995 x 1880 x 1410(CLS 63)

5054 x 1953 x 1447  (AMG GT 63 S)

 

だから全然違うね。

 

カッコはいわゆるパナメーラみたいな感じ、LS(レクサス)も現行はこんな感じだよね。

Bピラー以降の傾斜が激しいから、さすがにリアシートのヘッドスペースは広いとは言えないけど、ラピードよりかはマシかな、ラピード乗ったの昔だから覚えてないけど。

さっそく乗ってエンジンかけたら、結構な図太いサウンド。

ステアリングに付いてるリングをコチコチッと回すとレースモードも選べる。軽くレーシングかましたら『ズボボーン ッバリバリバリ〜ッ』ってマフラー変えたランボルギーニ みたいな音した、「これで純正なの!?」って思っちゃった(イイ意味で)。

走り出してしばらくしたら、もうこれが4枚ドアのクルマだってこと、忘れちゃってた。だってエンジン特性とかステアリングの感じとか、まんまスポーツカーみたいなんだもん、詳しいことはよくわかんないけど。調べてみたら、4枚ドアだとニュル最速なんだね、AMG GT 63Sって。そりゃ速いわけだわ。

はっきり言って、これまで乗ったクルマの中でもっともスポーティな一台。『もっともスポーティな4枚ドアの一台』じゃないよ、2枚ドアのクルマも含めて、だよ。それくらいスポーティ。

で、考えてみたんだけど、きっとその理由はAMG GT 63 Sって、『アリものの4枚ドアをパワフルに仕上げた』んじゃなくて、『イチからパワフルな4枚ドアを作った』んだよね、たぶん、よく知らないけど。

 

だからさ、S 63とかとは根本的に違う(んじゃないかなと思う)。

 

 

パワーだって639馬力だってさ。

 

0-100km/hの3.2秒ってGT3より速いんじゃないの?

 

 

思ったね、世界最強の4枚ドア車はAMG GT 63 Sだ、って。

 

S63だってそりゃイイけど、スポーティさで言えば全然AMG GT 63 Sよ。リアシートに大人が座らないならファミリーカーとしてもパーフェクト。これならポルシェから乗り換えても全然ガマンできるよ。

991 GT3あたりでブイブイ言わしてたけど、子供が出来たから降りよ、そんな人にもパーフェクトだね。これならマジ、スポーツカーいらずよ。

Close