【特集】間違いだらけのF1論 〜RB16編〜

20200213

(Text: Nori Tohyama / Photo: Red Bull Content Pool)

 

 

というわけで、レッドブルRB16。

 

 

「F1のシーズンクライマックスは2月の新車お披露目であってそのあとのレース結果はオマケみたいなもの」って思ってるボクでさえ、実は少し冷めてる部分があった近年の新車発表。

 

もうレギューレーションガチガチ。意表をついたデザインはほとんどなくて。ワクワク感あるマシンって少なくなってきてるもんね。

 

そんな中でバッチリ攻めてきたRB16。

 

 

パッと見ると2019年型RB15と変わらんやんけ、と思いがちだけれど。ところがどっこいかなり違う(とボクは思う)。正確にはマシン自体はキープコンセプトの正常進化版。でもフロントの先っちょからリヤまですべてのディテールがスゴイ。

 

「現代に生きるレオナルド・ダヴィンチ」の呼び声が高い(※トーヤマが勝手にそう言ってる)、エイドリアン・ニューウェイ先生。

 

その最新作の「細かくて伝わらない」見どころをご紹介していきます。

 

===============

 

1:細ノーズ

 

 

モノコックからキュッと細くなるノーズ。昨年メルセデスがシーズン直前に同じような細ノーズを急遽採用して大成功したのは記憶に新しいところ。空力的にどうしたこうしたは知らないけれど、余計な贅肉が削ぎ落とされたシャープなフロントまわり。これは見た目に超絶カッコイイ。

 

2:エイリアンダクト

 

 

このエイリアンの口みたいなノーズ先端の形状。複数のエアダクトを設けて細かく空気の流れを分配していく手法は、2018年にマクラーレンが採り入れたもの。RB16はそれをさらに発展させ、その構成の複雑さは異常。そして、ノーズのサイドからフロントボトムに伸びる通称イカヒレは、これまたメルセデスAMGが近年得意としてきたギミック。さらには、牛さんのすぐ下にこっそりと配されたNACAダクトは自動車ファンなら泣いて喜ぶディテール。細いノーズにギュッとテクノロジーを凝縮したこの感じ、過剰でとてもF1らしい。

 

3:カメラマウント

 

 

フロントのカメラマウント(ホンダロゴの左右に伸びてるヤツ)も取り付け方にとても気が利いている。この部分まだ写真だと何が起きているか見にくいのだけれど、ただノーズからニョキッと生えるんじゃなくカメラマウントとシャシーに少し距離をとっているみたいな。これは珍しい手法ではないのだけれど、細ノーズと組み合わさるとメカメカしてくて見た目に美しい。

 

4:サイドポッド

 

 

ラジエターが収まるサイドポッド。もうシャシーだとかボディワークっていうより「出っ張り」って表現するほうが適切なくらいに小さくなった。近年のF1ボディの実質の横幅って(=フロアとか羽根類は含まずの意味)恐ろしく小さくなってると思う。

 

5:このへんについてる整流板

 

 

フェラーリSF1000がインダクションポッドのまわりに羽根を立ててきた、なんて書いたんだけど、RB16はその下に水平方向に整流板を追加。こんな小さいパーツで何が一体違うのかっていつも不思議に思うんだけれど、こういうところに病的にお金を使う感じがF1の素敵なところ。

 

6:サイドダクト

 

 

これまた今出回ってる写真だと判断つきにくいけど、サイドダクトの小ささも異常。少し前までこの部分にはドカンと大きな空気取り入れ口があったのに。上写真をよーく見てみると、たぶんサイドポッド上端に天地10cm幅くらいの口が空いているだけかと。このサイドダクト小型化運動はここ数年のフェラーリが過激に推し進めてきたもの。数年前のF1の写真をググって見てください。穴の大きさに驚くので。

 

7:バージボード

 

 

リヤタイヤ直後、ボディサイドのエアロフローってとても重要なのですって(特に去年からはフロントウィング規定の変更でさらに重要度が増した)。パーツ名的にはバージボードなんて呼ばれる部分なんだけど、ここ最近は複雑になりすぎてて「ボード」なんてシンプルなモノじゃなく。RB16もとっても複雑なことやってるんだけど、細かすぎてもう書くのすらメンドくさいので次。

 

8:ミラー

 

 

たかが後ろを見るための鏡。それの固定具がこの様子だもの。ミラーカバー本体を支えるステーもウイングみたいになってるし、その下に伸びるアシも微妙にうねってねじれて明らかに何かをしてる。

 

9:2本のリヤウイングステー

 

 

RB15では1本だったリヤウイングステーが2本構成に。だからどんな効果あるかは知らないけど、とりあえず1本より2本ある方が見た目にカッコイイ。

 

10:まだナイショのリヤセクション

 

当然まだすべての手の内を見せるはずなく。広報画像では一切見ることができないリヤまわり。最重要パーツでもあるディフューザーがどうなっているのか? このあたりはまた合同テストで写真が出回ってからのお楽しみということで。

 

11:グラフィック感

 

 

これは完全に個人の好みのハナシだけれど。ボディ全体のグラフィック感も一段と良くなったと思う。Red Bull定番のカラーリングをベースに、各所に白いスポンサーロゴがのっかる感じ。真ん中を走る赤ライン。RAUCHやタグホイヤーの色鮮やかなロゴとか。いかにも一流企業っぽい綺麗&クリーンなブランディングが増えてきた感のあるF1の中で、いろんなデザイン要素をグラフィカルに配置して、色味をたくさん使って、みたいなレッドブルって元気さがあってとても「らしい」。

 

===============

 

長くて書いてて疲れたけど。これが第一報となった広報写真をみて感動したポイント。

 

要点をまとめてみると「贅肉を削ぎ落としまくったシャシーに現代F1の空力トレンドを全部盛りして凝縮したマシン」。それがRB16のイケてる見た目のヒミツなのだと思う。

 

「カッコいいマシンは速い」は事実。

 

だからして。今年はRed Bull&ホンダはいくんじゃないかとボクは思う。間違ってたらごめんなさい。

 

(おしまい)

【特集】AMG GT 63 S

20200817

ふむふむ、AMG GT 63 Sね。

 

出た時はその4枚ドアクーペって立ち位置から「CLS 63と何が違うの?」って思ったけど、全然違うね、すべてが、もう。

 

街で見て思ったもんね、「AMG GT 63、デカッ」って。

CLS 63と比べると、

全長 x 全幅 x 全高で

4995 x 1880 x 1410(CLS 63)

5054 x 1953 x 1447  (AMG GT 63 S)

 

だから全然違うね。

 

カッコはいわゆるパナメーラみたいな感じ、LS(レクサス)も現行はこんな感じだよね。

Bピラー以降の傾斜が激しいから、さすがにリアシートのヘッドスペースは広いとは言えないけど、ラピードよりかはマシかな、ラピード乗ったの昔だから覚えてないけど。

さっそく乗ってエンジンかけたら、結構な図太いサウンド。

ステアリングに付いてるリングをコチコチッと回すとレースモードも選べる。軽くレーシングかましたら『ズボボーン ッバリバリバリ〜ッ』ってマフラー変えたランボルギーニ みたいな音した、「これで純正なの!?」って思っちゃった(イイ意味で)。

走り出してしばらくしたら、もうこれが4枚ドアのクルマだってこと、忘れちゃってた。だってエンジン特性とかステアリングの感じとか、まんまスポーツカーみたいなんだもん、詳しいことはよくわかんないけど。調べてみたら、4枚ドアだとニュル最速なんだね、AMG GT 63Sって。そりゃ速いわけだわ。

はっきり言って、これまで乗ったクルマの中でもっともスポーティな一台。『もっともスポーティな4枚ドアの一台』じゃないよ、2枚ドアのクルマも含めて、だよ。それくらいスポーティ。

で、考えてみたんだけど、きっとその理由はAMG GT 63 Sって、『アリものの4枚ドアをパワフルに仕上げた』んじゃなくて、『イチからパワフルな4枚ドアを作った』んだよね、たぶん、よく知らないけど。

 

だからさ、S 63とかとは根本的に違う(んじゃないかなと思う)。

 

 

パワーだって639馬力だってさ。

 

0-100km/hの3.2秒ってGT3より速いんじゃないの?

 

 

思ったね、世界最強の4枚ドア車はAMG GT 63 Sだ、って。

 

S63だってそりゃイイけど、スポーティさで言えば全然AMG GT 63 Sよ。リアシートに大人が座らないならファミリーカーとしてもパーフェクト。これならポルシェから乗り換えても全然ガマンできるよ。

991 GT3あたりでブイブイ言わしてたけど、子供が出来たから降りよ、そんな人にもパーフェクトだね。これならマジ、スポーツカーいらずよ。

Close